パワーコンディショナーの役割

パワーコンディショナーの働きは、太陽光発電で得られる直流の電気を交流に変換して、家庭用の電気機器などで利用できるようにするために必要な装置です。
また、太陽光発電のシステム全体を効果的にかつ効率よく稼働できるようにするための役割を担う装置でもあります。

太陽光発電で得られる電気は、直流の電力なので一般家庭の電気機器に使用することが出来ないのです。
太陽光発電で電気をパワーコンディショナーによって直流の電力を交流の電力に変換して、交流の電力に変換して、家庭の電力の分電盤へ送ることで、家庭内の電気製品が使用できるのです。

太陽光発電の直流電力を交流電力への変換するとき、パワーコンディショナーの変換率は100%ではなく変換時にエネルギーロスが少量発生します。

太陽光パネルについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

変換効率はパワーコンディショナーの性能を表す数値でもあり、数値が高いほど商品ほどの価格も高くなる傾向にあるのですが、長期間使用する装置なので設置の際には発電したエネルギーを有効に活用するためにもできるだけ変換効率が高いものが好ましいといえます。

太陽光発電のデメリットととしては、日照時間や天候によって発電量が大きく左右されることです。

特に曇天や曇りの場合には、太陽光パネルで発電される電力は、電圧と電流の変動が大きくなり発電量が不安定になります。



そのような発電の条件の中でも、より多くの電力を安定して供給できるようにするために最大電力点追従制御という機能で調整しています。