アダラートは効果効能が出るのが非常に早く、副作用が少ないため多くの方に使用されています。主成分はニフェジピンという昔から効果が認められているものです。血糖値や尿酸値などにも影響がないので合併症を持っている方など幅広く使用いただけます。

アラダートの画像

降圧剤であるアダラートの使用時の危険とお茶で改善

生活習慣病は現代における大きな問題となっている疾病ですが、その中でも高血圧は日本において患者数が多いとされる代表的な生活習慣病です。その治療においてよく用いられる降圧剤としてアダラートがあります。アダラートは使用されてきた実績が十分に積み上げられている降圧剤であることから医師からの信頼性も高く、多くの患者に対して高い効果を発揮することから頻繁に用いられています。降圧剤の使用目的は血圧を目標レベルまで下げておくことによって合併症を予防するというものであり、アダラートはその日常的な血圧管理において頻繁に使用されています。降圧剤に共通して存在する危険として知られているのが低血圧の誘発であり、正しい用法や用量を守らずに飲んでしまったり、飲み合わせの悪い飲み物などを一緒に摂取してしまったりすることによって生じる危険性があります。アダラートの場合にはグレープフルーツジュースと一緒に飲んでしまうことで低血圧などの副作用が生じやすいことが明らかにされていることから十分な注意が必要であるとされています。アダラートによる高血圧の治療は対症療法であるため、身体の方にも働きかけることによって血圧を下げていくということも必要になります。近年高い注目を浴びているのがお茶の利用であり、緑茶や健康茶を飲むことによって血圧を下げたり、合併症の予防をしたりしていくということがよく行われるようになってきています。緑茶に含まれるカテキンには動脈硬化の予防効果があり、高血圧になってしまったからと言って愛飲するようになる人もいます。一方、健康茶の中にはカリウムを豊富に含むものなど、血圧を下げるのに有効性が期待できるものが多く、根本治療の方法として多くの人が取り組むようになってきています。