アダラートは効果効能が出るのが非常に早く、副作用が少ないため多くの方に使用されています。主成分はニフェジピンという昔から効果が認められているものです。血糖値や尿酸値などにも影響がないので合併症を持っている方など幅広く使用いただけます。

アラダートの画像

高血圧は患者数が多い・減塩食とアダラート治療の違い

日本においては生活習慣病の中でも高血圧の患者数が多いことが知られています。日本においてそのような状況があるのは日本の伝統的な食生活において塩分の摂取をしてしまうことが多いことが原因として考えられているものです。味噌や醤油といった調味料を使う食事が多く、うどんやそば、味噌汁のように醤油や味噌を直接大量摂取してしまう食事が庶民化していることや、漬物のように塩分の濃い食べ物を日常的に食べる習慣があることが大きな影響を与えているとされています。そのため、高血圧治療においては減塩食を進めるというのが第一に行われていくことになります。それでも血圧が下がらないというときには降圧剤を使用した降圧治療を行っていくことになり、用いられる降圧剤として代表的なのがアダラートです。アダラートを飲むことによってしっかりと血圧を下げることが可能であり、それによって合併症のリスクを下げて安心して生活できるようにすることができます。降圧剤を飲めば血圧が下がるからそれで良いではないかと考える人もいますが、減塩食による降圧とアダラートによる降圧には違いがあります。減塩食による降圧は根本治療につながるものであり、血圧が高い状態が通常になってしまっている身体の状態を改善する取り組みになるものです。長期的にそれで血圧が低い状態を維持できるようになるでしょう。しかし、アダラートによる降圧治療の場合には、一時的に血管を拡張させることで血圧を低下させているだけに過ぎません。そのため、血圧を下げることによる合併症の予防は行っていくことができますが、根本治療にはつながりません。そういった違いがあることは留意しておかなければならないことです。